SUWAの遊戯日記

趣味を時たま書き込むブログです。主に艦これについて書くことが多いかも。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純剣闘獣

予告通り今現在使っている剣闘のレシピです。
前から作ってあるデッキですがつめていくと大体構築似てきますよね。



モンスター 12枚

剣闘獣ラクエル x2
剣闘獣ラキスタ x2
剣闘獣エクイテ x2
剣闘獣ムルミロ 
剣闘獣ホプロムス
剣闘獣ベストロウリィ
剣闘獣ダリウス
剣闘獣レティアリィ
魂を削る死霊


魔法 10枚

剣闘訓練所 x3
禁じられた聖槍 x3
収縮 x2
月の書
剣闘獣の底力


罠 18枚

次元幽閉 x3
トラップスタン x3
剣闘獣の戦車 x3
神の警告 x2
奈落の落とし穴 x2
ゴッドバードアタック x2
聖なるバリアミラーフォース
神の宣告
盗賊の七つ道具

計 40枚

110312_2016_01.jpg

ご存知の通り、【剣闘獣】は戦闘によってアドを稼いでいくデッキ。そのため採用するモンスターはできるだけ少なくしたい。またデフォでできるだけ高い攻撃力が欲しい。
ただ、ムルミロやレティアリィは戦闘では削れないアドをとっていけるのでピンで採用。まぁこの辺はあたりまえって流してもらっていいです。

問題はゴドバの弾になるモンスターの量。エクイテ、ベストロ、ラニスタが対象になりますがあんまり数増やし過ぎると腐るし、少ないとゴドバが腐る。回してみた感じこの枚数が一番事故起こしにくいと思いました。

死霊はトラスタ無い時や剣闘いない時の場つなぎ。あと、次元幽閉や奈落で相手の場が空けば直接攻撃のチャンスが生まれる。そこを利用できる点もいいです。


ベストロを怖がってフィールドに出さない人がいますがそれではこのデッキのうまみが減りますし、アド取りにくいです。トラスタ、聖槍フル投入の形をとってるのはベストロやガイザを最大限生かすためだと思ってます。

ゴドバ伏せてて相手伏せ4枚で剣闘の攻撃が成功した時、ベストロ出して奈落撃たれてもゴドバで回避してベストロが奈落以外のカードを破壊対象に選択していたらゴドバも合わせて伏せカード全部潰せます。仮にゴドバ無効化されてもすでにリリースされて墓地いってるので除外されないですしね。

どんどん自分から仕掛けていった方が安全だということです。攻撃は最大の防御ってやつですね。




110312_2013_01.jpg

スタンが攻めのときに使うカードだとすれば、聖槍は守るときに使うカードですね。単純なコンバットトリックとしても奈落、デュアスパ回避としても使えるのでとても応用が効きます。
欠点としては自分から相手モンスターに攻撃するときに使いにくいところですね。幽閉止めても800下がった剣闘ではほとんど返り討ちにされてしまいますから。


大会でも間違えてる人いましたが≪剣闘訓練所≫はエクイテで回収できませんよ?エクイテの効果は剣闘「獣」と名の付いたカードですから。まさかとか思うかもしれませんが結構います。
英版使ってる人はこういうとき本当に迷惑です。ちゃんと効果知ってればいいですが間違って解釈してる上に英版読めませんとか知りませんでしたとか遅延行為に等しいです。

あ、俺も英版使ってますけど大会だとできるだけ日版に変えてます。面倒事はできるだけ避けたいですから。

大会で間違えてたやつは日版でしたけどねwww

底力は案外強いですよ。入れてる人あんまりいないようですけど。ほとんどエクイテで使いまわす感じですがここぞという時に自己回収効果が使えたりするので(ヘラクレイノスのコスト確保など)採用してます。



110312_2012_01.jpg

こんな罠積みまくってるデッキとは戦いたくないですよね・・・。召喚反応、攻撃反応系のカードの中で汎用性の高いものは全部フル投入。
たぶん戦車3積みが疑問な人もいるでしょうが昨今の環境、モンスターの効果が何よりも脅威だということは周知のことと思います。その効果をほぼノーコストでカウンターできる魅力はやはり大きいです。

ガイザレスで荒らしてヘラクレイノスと戦車で封殺できればもう何も怖くない。そんなことほとんどありませんけどww

スタンからのガイザは自分としては鉄板のコンボですね。これほど安心してアド取れるものは無い、と。

ゴドバは事故起こすという意見もありますが個人的にはそんな感じは全然しません。むしろベストロ含めた鳥剣闘達を逃がして相手の場を荒らせるという利点がかなりでかいのでゴドバ無しの剣闘は考えられませんね。
ほとんど墓地にいかない剣闘を墓地に送れるのでそれを利用してエクイテで回収したりダリウスで釣ったりとこれまた色んな利用法があります。




罠多いですがお触れはこっちのガイザを通しやすくなるので逆にありがたかったり。ただし、スタン無しでの弾圧は辛い。SS不能は致命傷・・・。
いや、違うな。モンスター切れるのが一番つらい。アド稼ぎをモンスターに一任してるだけあって、あらゆる方法でモンスターだけ狙い撃ちにされたらたぶん何もできずに警告、宣告でライフ無くして押し切られて負ける。

できるだけモンスターは守るようにしましょう。


ではではこの辺で~。
続きコメ返


みっくんさん>本当にびっくりでした。遊戯王馬鹿だと思ってましたが

命>遊戯王

という順位だったということに気づかされほっとしたり残念だったり(ぇ。

家族、友人には全く被害が無かったのでその点は本当に良かったです。
スポンサーサイト

Comment

No title

底力ピンは個人的にかなりいいと思います
1600以上組が1900ラインを殴り倒せるようになりますし
書かれていらっしゃるようにヘラクレイノスのコスト・・・
特別回収するものが他に無いときのエクイテの対象になったり便利ですよね

聖槍の使い心地 がとても気になりますw

戦車3積みはかなり鉄板だと思っていたのですが
巷では2積みが主流なのでしょうかね?

普通の剣闘はモンスター除去ってから殴る
という感じでプレイングさえ気をつければ意外とどうとでもなるのですが
GBA採用型だと除去をサクリファイス・エスケープされるのでかなりやり辛いです・・・
  • posted by みっくん
  • URL
  • 2011.03/12 22:41分
  • [Edit]

No title

デッキレシピありがとうございますm(_ _)m
参考にさせていただきます。聖槍とGBAを集めなければ(;・∀・)

ちなみになんですけど、デッキレシピの所の剣闘獣ラニスタがらき☆すた(ラキスタ)になってますよw
  • posted by shell
  • URL
  • 2011.03/13 11:27分
  • [Edit]

始めてコメさせていただきます。
次回の環境では激流の準制化に伴いスタロ搭載する方が増えてくると思いうので、アド稼ぎがガイザやGBAの剣闘には厳しい環境となると予想されますが主様はどう思いますか?プリズマーやヒーローアライブはなんてのもありますがf^_^;)
  • posted by えーぷりる
  • URL
  • 2012.02/23 02:54分
  • [Edit]

えーぷりるさん>

えーっと、とりあえず公認や非公認の大会での環境という意味の環境を考えるのならば、激流葬が緩和されたからスタロが増える、とは言えないはずです。

これからの環境は虫が当面トップにいて、また複数破壊を伴わないラギアやそもそも破壊と縁が無いゼンマイが環境にいます。
そうするとスタロは発動できないばかりか虫の養分になってしまうことさえあります。その危険性と激流葬でアド損する可能性とを天秤にかけたとき、間違いなくスタロは事故要因になり採用圏からはずれると思います。そもそも虫を使う時に激流葬はわざわざ止めるほど脅威ではありませんからね。

ブラックホールの採用率も下がってきていることから全体除去はこの環境では弱いと言えます。激流葬は相手召喚時に撃てますが逆に言えば1体だけ破壊されることが多く、激流葬が撃たれてもスタロが使えないことがあります。
したがって、激流葬が緩和されたことによるスタロの採用率増加はまず考える必要はないかと思います。

しかし、その分フリーチェーンの除去カードやヴェーラーが採用される可能性が高まるので剣闘獣は依然として辛い立場だと思われます。加えてゆっくりアド差をつけて息の根を止める剣闘獣はダンセル1枚で4アドつけることができるインゼクターと相性が良くないのでその意味でも辛いと言わざるを得ないですね。

せめてベストロウリィの緩和があればワンチャンあったかもしれませんが。

あくまで僕の意見なので参考程度に~。
  • posted by SUWA
  • URL
  • 2012.02/24 22:57分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

SUWA1681

Author:SUWA1681
大学生

趣味は遊戯王と艦これ

暇つぶしにスクフェスとパズドラやってます。

不定期更新ですがゆっくりしていってね☆



気軽にデュエルでもなんでも仕掛けてくださいw
Skype名
suwaslashbaster

ついったも始めたんでこちらも

アカウント名:SUWAmaster

最新記事

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

あ~ずにゃん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。